フリーエンジニアの職場と情報獲得

フリーエンジニアがクライアントから受ける仕事には、成果物を要求される仕事と業務委託を受ける仕事の二種類があります。成果物を要求される仕事の場合には基本的には成功報酬型であり、要求されているものを納品することによって報酬を得ることができます。その実施には場所を提供してもらえる場合もありますが、多くの場合にはフリーエンジニアが自宅や自前のオフィスで仕事を行うのが一般的です。

一方、業務委託を受ける仕事の場合には、依頼主の指定したオフィスで仕事を行うことになるのが典型的になっています。依頼主の企業で動かしているプロジェクトへの参加や、インフラやサーバーなどの管理業務等、仕事の内容は多岐にわたるものの、一見すると社員の一人として働くことになるということも珍しくありません。しかし、フリーエンジニアの扱いは職場によって大きく異なることから、業務委託の場合には情報を得ておくことが得策です。

そういった情報を得たいときに仕事の契約の場で聞くというのも一つの手段ですが、あからさまに聞くことが憚られる場合もあります。そういった際に役立つのがエージェントであり、仕事の紹介をしてもらうだけでなく、職場の状況についての情報提供をしてもらうこともできます。過去に仕事に携わったエンジニアからの情報であったり、現場に足を運んで得た情報であったりと形は様々であるものの、バイアスの少ない客観的な情報をもらうことが可能です。フリーランス専門のエージェントもいますから、ぜひ登録しておくことをおすすめします。フリーエンジニアが円滑に仕事を進める為に、エージェントは無くてはならない存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です