営業活動が忙しさを加速させる

フリーエンジニアはエンジニアとしての仕事以外にも担わなければならない雑用が多いことから、企業に勤めているときにも増して忙しくなります。一つの事業を展開していくという観点に立つと、仕事の受注から実施、納品に至るまでを担わなければならないことに加えて、諸々の事務や経理の仕事も行わなければならなくなるからです。そういった雑用面もあるものの、費やす時間という観点から主要になるのは収入にかかわる仕事の部分となります。ただし、その忙しさもどれだけ働きたいと思うかと、どういった種類の仕事を行っていくかによって大きく差異が生じます。

フリーエンジニアになる目的としてたくさん働いてできるだけ稼ぎたいというものが掲げられる傾向にあります。そのためにはできるだけ多くの仕事を受注できるようにしなければならず、営業活動に時間を費やさざるを得ません。いくつものエージェントに登録して多くの仕事を紹介してもらえるように働きかけるだけではなく、自分で企業に赴いて営業活動を行ったり、クラウドソーシングから仕事を見つけたりする努力も必要になります。仕事を増やそうとすればするほどその獲得に時間を費やして忙しさを増すことになるのです。また、多くの仕事を受注していくと段々と自分が得意としないものまで手を出す必要が生じてしまい、勉強しながらの仕事になって仕事自体の効率が下がることになり、忙しさに拍車がかかるリスクもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です