ベテランの管理職への道

フリーエンジニアは若くて体力があることが必要であると同時に、仕事を独力で成し遂げることができる能力が必要とされることから極めて優秀なエンジニアにとってのみ成功の道を歩むことができる職業です。開発の仕事から業務委託の仕事まで様々なものがありますが、そのどれを担うにしても高い品質の仕事が要求されることになり、自由な発想による提案が必要とされることもあります。時には社員の教育やグループの統括を任される場合もあり、幅広い能力があることが望まれるのが一般的です。

仕事の現場において活動的に仕事を行っていくことは体力的な負担が大きく、最新のITについての知識を勉強していくにもカバーする分野が広くなってくると難しくなります。そのため、ベテランになるにつれて発想の新しさや特定の分野での専門性の高さ、そして体力において若手に劣るようになってきてしまうことも稀ではありません。そういった際には幅広い経験を生かして管理職を担うフリーエンジニアとなるのが仕事を続けていくための道になります。こういった案件は数も少なく、出回っていないことすらあるため、スカウトを受けない限りは獲得が難しいものです。そのため、管理職としての仕事を探す際にはエージェントを利用した方が効率的になります。エージェントはそういったリーダーとなる人材を探している企業も熟知しており、そういった企業からの求人募集を紹介してもらえる可能性が高いからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です